エーワンセキュリティサービス

0120-815-615

上記電話番号をタップすると発信します。

営業時間 9:00~18:00
(日曜・祝日定休)

閉じる

お客さま相談室

お客さま相談室

ホーム > お客さま相談室

 

 

 

 

 

 

 

img_258.gif

 

 


万引き対策の方法はさまざまです。


監視カメラを設置したり、ポスターを掲示するのが一般的な対策方法でしょう。


しかし、近年では巧妙な手口が増えており、対策をしていても被害を防ぐことが出


来なくなってきています。


ここでは、最新の万引き対策アイテムをご紹介します。








075f5f1938de6339a9707c1ff2d928c4.jpg

なぜ減少しない?万引き被害について                                                







経済産業省が発表した商業統計によばれ、全国での万引き被害は1日当たり役12億

6,000万、年間にすると約4,615億とされています。


監視カメラを導入していても「減らない万引き」といえるのが現代のようです。



手口も多様化していて、店内を徘徊し死角での犯行、組織的窃盗グループによる犯行など巧妙な手口が増加しています。


こうした現状の中でどのような対策が必要なのでしょうか。






万引き対策の現状





万引き対策は、ソフト面とハード面に分けることができます。ハード面は機器や機会や道具など有形のものになります。それに対してソフト面は人材教育や情報といった無形のことを言います。


まず、ソフト面の対策として、万引き防止のポスターの掲示・店内放送・商品棚などの配置方法などがあげられます。



ハード面の対策として監視カメラの設置・万引き防止ゲート・万引き防止タグなどが代表的です。



ハード面の対策を導入している店舗様も近年では増えていますが、なぜ万引き被害が減らないのでしょうか。



理由のひとつとして、過去には存在しなかった悪質な万引きの手口があげられます。


例えば、2人1組で行動し、そのうちの1人がわざと万引き防止タグセンサーに引っかかることで騒ぎを起こし、この隙を狙いもう1人が大量の商品を取り、そのまま逃走するなどです。



万引き対策として導入している防止タグセンサーが、逆に万引きの手口として巧妙に利用されてしまっています。

万引き防止タグセンサーでは、現在の防犯対策として追いつかなくなってきているのです。



監視カメラ録画映像で犯人逮捕の決め手にはなりますが、万引き犯行に来た犯人が刃物など危険物を所持している可能性も考えられます。万引き対策は捕まえるのではなく、防止する時代ということです。






ひらめき.jpg

万引き対策に新導入「顔認証」とは                                       







現在、顔認証の活用で万引きの被害を未然に防ぐ取り組みが広がっています。

2017年の顔認証システム設置店舗数は1,745店で、22016年から190店急増しています。



顔認証とは、店内に設置したカメラで来店者の顔データを記録し、登録しておいた犯行を行っていると思われる要注意人物のデータを照合し、適合すれば店舗責任者のスマートフォンなどに通知するというシステムです。目の行き届かない広い店舗や、人手不足になる深夜帯などにとても有効な画期的なシステムとなっています。



これまで以上に万引きの巧妙化・悪質化が予測される今、店舗オーナーだけではな

く、お客様の安全を守るためにも、顔認証システムのような対策が求められています。






  まとめ                                                                                 


 

いかがでしたでしょうか。近年高齢者による万引き増加傾向にあるなど、社会全体の犯罪意識の欠落も増加の大きな要因のひとつです。


従来の万引き対策は限界にきていて、既に対応ができなくなりつつある今、人の認知力を大きく超えた顔認証という新しい万引き防止システムで、万引き対策は捕まえるではなく防止することが重要なのです。

 

2018.10.18

 

ほしいと食品加工工場のオーナー様から連絡を頂きました。
オーナー様の希望は以下のとおりでした。
・手洗いや服装の乱れ等、衛星管理がきちんと出来ているか。
・業務が効率よく運営できているか。録画された画像で業務の効率化を図りたい。
・トラブルが発生した場合の原因を映像で解明したい。
私どもが提案したのは高画質200万画素タイプの防水型カメラと高画質200万画素全方位カ
メラでした。
一般的な防犯カメラの撮影範囲は90度なので、狭い部屋などは一般的撮影範囲カメラを設
置し、同時に多範囲確認したい場所については撮影範囲が360度の全方位カメラを設置し
ました。全方位カメラを採用したことで台数が抑えることが出来、コストの削減が可能と
なりました。
HD-SDI防水型ドームカメラ   10台
HD-SDI全方位型カメラ    5台
HD-SDIデジタルレコーダー  1台(16台用)
カメラ電源          2台
21.5型液晶モニター      1台
設置工事費・システム調整費  1式
6年リース 月額¥28,800円(税別)

今回のご相談者様は食品加工工場のオーナー様です。

 

 近年食品加工業界では品質管理に非常に厳しくなっており

対策をしたいので相談に乗ってほしいとのことでした。

 

 


食品加工工場のオーナー様の希望


・従業員の手洗いや服装の乱れ等、衛星管理がきちんと出来ているかの確認をしたい。


・業務が効率よく運営できているか、録画された画像で全体的な業務中の動きを確認をして
業務の効率化を図りたい。

 

・トラブルが発生した場合の原因を映像で解明したい。

 

 

今回のご提案内容

 

高画質200万画素タイプの防水型カメラと高画質200万画素全方位カメラのご提案を致しました。


一般的な防犯カメラの撮影範囲は90度なので、狭い部屋などは一般的撮影範囲カメラを設置し、同時に多範囲確認したい場所については

撮影範囲が360度の全方位カメラを設置しました。

 

全方位カメラを採用したことで台数が抑えることが出来、

コストの削減が可能となります。

 

 

今回の設置内容


HD-SDI防水型ドームカメラ   10台

HD-SDI全方位型カメラ    5台

HD-SDIデジタルレコーダー  1台(16台用)

カメラ電源          2台

21.5型液晶モニター      1台

設置工事費・システム調整費  1式

 

 


6年リース 月額¥28,800円(税別)

 

2018.03.04

ある居酒屋さんから相談がありました。

あるお客様とトラブルになり防犯カメラを設置したいとの事でした。


その店舗は多店舗展開をしており、

問題が発生している店舗はオーナーの目がどうしても行き届かず、

トラブル対応をどのように行えば良いかの

現場での判断が難しいとの問題を抱えていました。


オーナー曰く、居酒屋店ではアルコールを提供する事でどうしてもお客様との間でトラブルが起こりやすい環境にあります。

当然そこに巻き込まれるのは従業員やアルバイトだと。


飲食店の離職率は高く、人手不足に苦労している。

飲食店では少しでもトラブルからスタッフを守る対策が急務との事でした。


私達が提案したのは、店舗入り口、レジ周辺への防犯カメラと集音マイクの設置でした。


防犯対策と業務の効率化を考慮したシステムを考えました。効率的に動けるように来客状況を厨房で確認出来るようにモニターを厨房に設置。

トラブルで多いレジでのつり銭状況を高感度カメラで録画。

紙幣はもちろんの事、小銭も把握できるようにしました。

 

レジに集音マイクをつけることで
「言った、言わない」
というようなトラブルを証拠として残し、オーナーはスタッフを疑わなくてよい環境整備が実現出来ました。


また、緊急時には、ワイヤレスの緊急押し釦をおすと、オーナーに通報がいきスマートフォンでリアルタイムの映像と音声を確認できその場からの対処することが可能となりました。

 


 

200万画素防犯カメラ 2台

デジタルレコーダー  1台

集音マイク      1台

ワイヤレス押しボタン 1台

ワイヤレス受信機   1台


6年リース月額  ¥9,000



2018.02.24

 



高松市内の建設業のお客様から、
急いで防犯カメラの見積もりが欲しいとの連絡をいただきました。

そのお客様は建設業を営み事務所と資材置き場が車で20分程度離れた場所にありました。


ある朝、資材置き場に出勤して資材をクレーン車で積み込みしようとしたところ、
クレーンがうんともすんともいわず故障かとクレーン部を確認したところ、
駆動部品が盗難されていました、それも2台分。


積み込みが遅れは現場の作業の遅れに繋がり、現場に迷惑がかかってしまう。
慌てて近隣の同業者にお願いしてクレーン車を調達して難を逃れました。
その後、修理が上がるまでにレンタカーにて車両をレンタルして多額の費用が掛かりました。

元受けに迷惑をかけることは保険で解決できません。

信用がなくなってしまいます。

そこで当社に防犯対策の相談に来られました。
相談は当社だけでなく、全国規模の警備会社S社にもされていました。

S社は屋外警備ということもあってか防犯カメラの提案をしてきました。

当社としては防犯カメラは抑止力はあっても実際に犯行が起こった際には
防犯力は期待できないという観点から赤外線等を駆使した

侵入警報システム+防犯カメラの提案をいたしました。

具体的には、侵入が発生した場合に即警報が現地で鳴動し、
オーナーにメール通報がいきます。

オーナーはスマホで現地画像を確認し犯罪者が確認できた時点で
110番通報を行うというシステムです。

オーナー様は当社の考えに賛同していただき即契約を頂きました。

防犯といえば防犯カメラという考え方がマスコミなどにより、
一般の方々には定着していますが守るものや場所によりカメラでは対応できない場合もあります。

その相談相手は防犯設備士や総合防犯設備士という資格をもった専門家ですか?



侵入警報+防犯カメラシステム
赤外線センサー 3台
人感ライト   3台
赤外線付き200万画素カメラ  4台

6年リース月額\15,000円+サーバー管理費月額¥2,000円
高松市内の建設業のお客様からのご相談。
急いで防犯カメラの見積もりが欲しいとの連絡をいただきました。

そのお客様は、建設業を営む事務所と車で20分程度離れた場所に
資材置き場がありました。
ある朝、いつも通り資材置き場に出勤して資材をユニック車(クレーン付きトラック)で積み込みしようとしたところ、
クレーンがうんともすんともいわず故障かとクレーン部を確認したところ、
駆動部品が盗難されていました。


それも、2台分。



kuren.jpg


積み込みが遅れは現場の作業の遅れに繋がり、現場に迷惑がかかってしまう。
慌てて近隣の同業者にお願いしてクレーン車を調達して難を逃れました。

その後、修理が上がるまでにレンタカーにて車両をレンタルして
多額の費用が掛かりました。

ですが元受けに迷惑をかけることは保険で解決できません。
信用がなくなってしまいます。

相談は当社だけでなく、全国規模の警備会社S社にもされていました。
S社は、場所の離れた屋外警備ということもあってか
防犯カメラ設置の提案をしてきたそうです。

当社としては防犯カメラは、抑止力はあっても
実際に犯行が起こった際には防犯力は期待できないという観点から
赤外線等を駆使した侵入警報システム+防犯カメラの提案をいたしました。

具体的には、侵入が発生した場合に即警報が現地で鳴動し、
オーナー様にメール通報が届きます。

オーナー様はスマホで現地画像を確認し犯罪者が確認できた時点で
110番通報を行うというシステムです。

赤外線センサーの詳細はコチラ⇒


kuren-02.jpg

オーナー様は当社の考えに賛同していただき即契約を頂きました。

防犯といえば防犯カメラという考え方がマスコミなどにより、
一般の方々には定着していますが守るものや場所によりカメラでは対応できない場合もあります。

その相談相手は防犯設備士や総合防犯設備士という資格をもった専門家ですか?



侵入警報+防犯カメラシステム

赤外線センサー 3台
人感ライト   3台
赤外線付き200万画素カメラ  4台

6年リース月額\15,000円+サーバー管理費月額¥2,000円

 

2018.02.20

私達がお客様に提供したいもの、

それはその人らしい「しあわせ」です。

こんなエピソードがありました。


高松市内で2店舗ショップを展開されているオーナー様から

ご相談を頂きました。


相談内容は「お店の外に店長が花を植えているのだけど、

花が盗難にあって困っているので、防犯カメラをつけて防止したい」

との事でした。

 


そのお店はオーナーさん含め、「スマイル」を大切にする会社さんでした。


このような場合、過去の経験から犯人は


①近隣の人


⓶お客様の可能性あり


③花が好きな人



という犯人像が浮かび上がってきました。



防犯カメラを設置して、犯人が特定された時に店長さんは

「スマイル」になるかどうかがを創造したときに

私たちの出した答えは「NO」でした。



私たちが提案した対策法は

「花に対する想いをメッセージにして花の傍に置いておく」

というものでした。


きっと花好きの人ならば心に響く、近隣のひとでお客様ならば

お店が大事にしている「スマイル」が伝わり辞めてくれるはず。


それでもダメな場合に防犯カメラ設置という選択肢を検討する。

 

bouhan02170640.jpg


防犯カメラではなくメッセージを残した結果


なんと、花の盗難はなくなりました!

犯人の特定出来ませんでがオーナー様の気持ちが伝わった様です。



私達は防犯カメラを販売する事はできありませんでしたが、

私たちが最も大事にする「人を幸せにする」という

エーワンスタイルという価値感を売ることが出来ました。


これこそがビジョンで掲げている

「地域からなくてはならない会社になる」に少し近づけた体験でした。


 

2018.02.18

お客さま相談室
お客さま相談室
最新記事一覧
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ