エーワンセキュリティサービス

0120-815-615

上記電話番号をタップすると発信します。

営業時間 9:00~18:00
(日曜・祝日定休)

閉じる

お客さま相談室

お客さま相談室

ホーム > お客さま相談室

FaceFour①.jpg

 

 

 

 

世界的に流行している新型コロナウイルスの感染拡大を受け、非接触型の商品やサービスの需要が高まってきています。



センサーやカメラの最新技術を活用しているものは多数あります。

 


これからは非接触が主流となり、企業様での活動方法や店舗での決済サービスなどが、非接触に切り替わっていくのではないでしょうか。

 


業務の見直しが進む中、人と接する機会が多い医療機関や施設、また工場を所有している企業様やオフィス向けに、非接触型で温度測定と顔認証を同時に行うことができる、システムのご紹介です。

 

 


 


AI体温測定顔認証端末 FACEFOUR



フェイスフォーというこちらの端末では「体温検知」「マスク検知」が可能な機能が備わっており、接触することなく高精度・高速に体温検知が可能となっております。



また、人物の顔を認証しマスクの有無も検知が可能となっています。

 


これまで、医療機関では来院者と接触する医療従事者にとっては、

常に感染リスクが付きまとう環境でもありましたが、フェイスフォーを導入

することにより、迅速な入場前チェックを実施でき、体温異常を知らせる

アラームを鳴らすことが可能ですので、発熱者を接触せずに検知できます。

そして、マスク着用の有無も検知することが可能ですので、感染対策の徹底が

でき、感染拡大防止につながります。


 

 

 

入室管理システムとしても活用できます

 

 

 

FaceFour 搭載機能.jpg

 


入場前の体温チェックとマスクの有無が検知できる以外にも、電気錠と連携させ入室管理を行うこともできます。

 


入場可能な方の顔を、事前に端末に登録しておきます。


そして体温とマスクの有無の設定を行い、設定条件を満たした者のみ、鍵が解錠し入室可能となります。

 

条件を満たさなかった場合は、鍵の解錠ができないため制御することができます。


病院やイベント会場など不特定多数ではなく、オフィスや工場、老健施設といったように特定された人の管理にもとても有効的となっております。

 

 

こちらの端末を導入することにより、管理を担当する人数が削減可能となり、新型コロナウイルス対策の効率化に非常役立つのではないでしょうか。

 


 

商品の導入費用はこちら↓からご確認ください。

https://www.patokasa.com/thermal.html



 

商品に関するお問い合わせやご要望は

 

「香川・高松の防犯ならエーワンセキュリティサービス」のお問い合わせフォームからお願いいたします。

 

 

実際の機器を用いたデモンストレーションも実施中!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション写真-002.jpg

 

 

2020.05.26

 

 

先日、工事業を営む法人様より、工事で使用している専用の高額工具が盗まれたので

防犯カメラを設置したいとご相談をいただきました。

 


内部犯(外注業者含む)なのか、外部犯なのか、防犯カメラで犯人逮捕に繋がればとのことでした。

 

 

資材置場イメージ写真.jpg

 

 


弊社からのご提案として、犯人の動線を検知するために全体を映し出すカメラ、出入口を映すカメラ、工具付近には犯人の識別をするカメラの設置をご提案させていただきました。

 

 

 


frreee0I9A9493_TP_V.jpg

 

 

 

 

防犯カメラ設置から数カ月後、犯人が逮捕されたようです。

防犯カメラには言い逃れが出来ないくらい、はっきりと顔が識別されていたようです。


弊社の防犯カメラが犯人逮捕に繋がり、お役に立てたことは本当に嬉しいです。

 

 


お客様より「うちは捕られるものはない」といった言葉をよくお聞きします。


しかし、犯人に侵入されただけで窓が割られたり、ドアをバールで曲げられたりなど、その時点で既に被害が発生します。


さらに、犯罪被害に遭うとその日1日は現場検証などで潰れてしまい、仕事どころではありません。

 


弊社は、防犯カメラをはじめ、様々な防犯システムをご提案することが可能です。

見せる防犯こそが大切です。


 

 


防犯でお困りのことがございましたら、いつでもご相談下さい。


→ お問い合わせはこちら

2020.05.20

 

 

皆さんは、警備会社に対してどのようなイメージをお持ちですか?



「警備会社のステッカーを出入口に貼っていれば犯罪被害に遭わない・・・・・」

「何かあればすぐに警備員が駆けつけてくれるので安心できる・・・・・」など


こういったイメージを持たれている人は、店舗・事務所・工場などにセキュリティシステムを導入している、もしくは導入を考えたことがある、という経営者の方がほとんどだと思います。


従来の警備会社のセキュリティシステムは、警備員が駆けつける事後対応が主流でした。


しかし現在では、警備会社のシステムを知り尽くしたうえで犯行に及ぶ犯罪も出てきており、警備員が駆け付ける間のロスタイムを狙う犯罪も増えてきているようです。セキュリティシステムを導入しているから安心、という考え方は変わってきているようです。

 

 


今回は、侵入されないためにはどうするかを追求し、犯罪被害から皆様の財産や命を守る自主機械警備システムをご紹介いたします。




現在の犯罪について

 

 

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション4.jpg


店舗や事務所、工場などに侵入する犯罪者ですが、現在は高度に組織化されているケースが多いです。また、外国人による犯行も増えてきているようです。


さらに犯罪者が犯行にかける時間も短時間化され、建物に侵入してから犯行にかける時間は10分以内が7割を占めています。


現在は、大金を置いている店舗や事務所は少ないと思いますが、現金だけでなくネットで換金しやすいパソコンや、仕事に必要なソフトや顧客情報を狙っての犯行も増えています。現代では情報を盗まれることは、現金100万・200万盗られるより、業務に支障が出てしまい、企業のイメージダウンに繋がり信頼を失ってしまう可能性もあります。

 

 


では、犯罪被害を未然に防ぐには、どのような対策が有効的なのでしょうか。




自主機械警備システムをご存知ですか?


犯罪に遭わないために最も重要なポイントは、「狙わせない」「入らせない」めさせる」

 この3つを抑えた対策を取ることです。


まず、狙わせないために、侵入者を検知したら光や音を出すことのできるセキュリティシグナルやプレートを設置し、抑止力を高めます。


プレゼンテーション1.jpg

 

次に、入らせないために、抑止力プラス赤外線センサーヤマグネットセンサーなどで外周警備を行います。ガラスをくり抜いての侵入にも備えて、空間センサーも設置し、外が突破されても室内で検知できるようにします。さらに侵入者を検知すると、光や音を発する警報ベルなどで威嚇撃退し、近隣にも知らせることで犯行を継続できないようにします。


プレゼンテーション2.jpg

 

威嚇撃退と同時に、侵入者がいることを瞬時にメールでお知らせします。

その後、お客様より警察に通報し駆けつけてもらいます。


このように、「侵入されたらどうするか」よりも「侵入されないためにどうするか」「諦めさせるためにどうするか」を追求し、従来のセキュリティシステムとは違う、「見せる防犯・嫌がる防犯」で抑止力を高め自分で守る防犯対策となっています。




警備会社のセキュリティシステムと自主機械警備のちがい


まず、犯行が行われる平均時間は10分以内と先ほどお話しましたが、警備会社の場合侵入を検知し警備員が駆けつけるまでの時間は、原則25分以内と言われています。つまり、警備員が到着した時には犯行が終わりもぬけの殻ということになります。


警備会社では光ったり、音が鳴ったりする警報ベルや報知器が設置されていないため、侵入されると近隣に知られることなく犯行することができます。また警備会社の場合は、大切な鍵を第三者に預けるようになります。信用していたとしても、鍵を預けるのはやはり不安ですよね。


自主機械警備であれば、自分で守る防犯ですので、鍵を預ける必要はありません。

そして、いちばんの違いは外周警備対策をすることです。侵入された後の事後対応ではなく、犯罪に遭うのを予防するためには、外周警備がとても効果的となります。

外周警備ありの場合となしの場合では、防犯力が違うのです。

セキュリティシグナルと赤外線センサーは外周警備の命とも言えます。



まとめ


いかがでしたでしょうか。

犯罪者はリスクを抑えるためにプロ目線で下見をします。その時点であえて防犯設備をみせるようにし、侵入対象から外させることができれば、犯罪被害に遭う確率は低くなります。狙われないための防犯対策では、即座に犯行を諦めさせることが大切です。万が一侵入されても被害を最小限に抑えて素早く侵入者を検知し、そして威嚇・撃退をする、これこそが本当の防犯と言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

Microsoft PowerPoint - プレゼンテーション写真-002.jpg

 

2019.01.30

 

 

photo2.png

 

 

日々多くの患者様が利用する調剤薬局では、トラブルも数多く発生しています。


「お薬の数が足りない」「お釣をもらっていない」など患者様からお問い合わせをいただく内容はさまざまです。


事実確認ができるものが何もなければ、薬剤師さんと患者様との間でトラブルになりかねません。



そこで今回は、「薬剤師さんや患者様を守りたい」そんな現場の声を形にした心強い味方をご紹介します。


 


調剤薬局の現状



現在、日本にある調剤薬局の件数は5万8000件を超え、10年前と比べて増加傾向にあると言われています。しかし調剤薬局では、慢性的な人材不足が続いているのが現状です。

この原因のひとつに、患者様からのクレーム対応などを含めた人間関係のトラブルが挙げられています。


例えば、患者様より「お薬の数が足りない」「お釣りが足りない」と問合せがあっても、確認する方法がなければ事実が分からないままお薬を渡したり、お釣りを返したりしなければならなくなります。結果、トラブルに発展したりと薬剤師さんや患者様に大きな負担を強いてしまいます。では、このようなトラブルを防ぐためには、どのような対策が有効なのでしょうか。




有効的な対策方法【調剤業務サポートシステム】とは?



トラブルを防ぐために一番大切なのは、患者様にお薬を処方する時やお釣りを渡す瞬間を記録することです。調剤業務サポートシステムでは、お薬や金銭が薬剤師さんの手から患者さんの手に渡る最後の瞬間までを鮮明に記録し、保存・管理することができる監視カメラシステムです。



illust1762.png



調剤業務サポートシステムを導入することで録画している映像を再生し、その瞬間がどうだったのか瞬時に確認が可能になり、自信をもって患者様に対応できます。


例えば「お薬の種類が違っている」とお問い合わせを受けた時でも、即座に来店時間の録画映像を確認することで、提供したお薬の種類を確認することができます。

録画映像は最大8倍ズームが可能で、手元まではっきりと映り、薬の形状や数量が確認できます。もちろん患者様の名前やお釣もしっかり確認できるので、患者様からいただくお問い合わせにも自信をもって対応でき、働いている薬剤師さんも安心です。

 


調剤9.jpg

↑実際のカメラ映像です↑

 

 



さらに業務を効率的に!



クレーム対応の他にも、モニターを事務室などに設置すれば来店された方を別部屋から確認できたり、映像や画像は現場のものなので局内の研修や新人研修の資料など、多目的で活用できます。また高額な調剤向けの機器に比べ安く設置することができるため、コスト面を抑えることができるのも魅力のひとつとなっています。


 


まとめ



いかがでしたでしょうか。


エーワンセキュリティサービスでは、2018年現在、45件の調剤薬局様で導入いただいております。防犯カメラは犯罪の防止や抑止のために使用すると思われがちですが、調剤業務サポートシステムのように業務に役立て現場で働く人たちの強い味方としての利用方法もあります。もちろん犯罪がおきないように抑止力としての効果も期待できます。



何か起こったときでも、トラブルに強い店舗を作ることが現代では重要になってくるのかもしれません。

 

 

 

 詳しくはこちらへ

 

 


publicdomainq-0024884.jpg

2018.11.09

 

 

 

皆様、こんにちは。



皆様に質問です。

 



「エーワンセキュリティサービスの良さとは・・・?」

 

 

 

この質問にお答え頂ける方は、少ないかも知れません。

 



そこで、今回は私たちの良さを皆様にもっと知ってほしいので、ご紹介していきます。

 

 


【エーワンセキュリティサービスのここが自慢!!】

 


 


集合①.jpg

 

 

 

自慢その1 防犯のプロの総合防犯設備士と防犯設備士が5名在籍


防犯設備に関する知識はもちろん、設計から施工まで防犯の専門家として狙わせない・侵入させない環境づくりをご提案。

 

 

 

営業①.jpg

 

 

 

 

自慢その2 自社での施工を行っているので何かあれば、迅速な対応が可能!

 

香川県内に会社があり工事体制が整っているため、発注いただいてから最短5日以内で設置できます。

設置後の保守契約(メンテナンス・フルメンテナンス)があるため、安心して機器をご利用いただけます。万が一不具合が発生した場合も、素早く駆けつけます。

 

 

1533537636752.jpg

 

 

 

 

 

 

自慢その3 信頼できる国内製のTAKEX商品を使用

 

当社では、国内屈指のセンサーメーカー、竹中エンジニアリングの最高品質の機器を使用するため、安心してご利用いただけます。

保守契約の5年間のフルメンテナンスで、機器保証がお約束できるのも、竹中エンジニアリングだからです。

機器の操作方法で分からないことや、万が一不具合が発生した場合も、サポートデスクサービスで24時間365日ご対応可能!

 



自慢その4 どんな小さなお困りごとでも柔軟に対応

 

設置を検討しているが費用が気になる・・・セキュリティシステムを導入するほどではないけれど・・・こんな時でもお気軽にお電話下さい。しっかりと寄り添いご対応いたします。ご要望があれば、デモンストレーションも行っておりますので、まずはご相談下さい。

 

 

 

 

 

自慢その5 明るく元気なスタッフが皆様をお待ちしております!!

 

毎日パワフルで笑い声が飛び交う会社です。お子様用の公園での遊び道具もご用意しておりますので、お気軽にお声かけください!!

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。


今回は、「当社のここが自慢」を皆様にお伝えしました。


しあわせ創造企業として地域からなくてはならない存在になれるよう、これからも日々精進してまいりたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.20

お客さま相談室
お客さま相談室
最新記事一覧
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ